東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【首都圏】

<子どものあした>「たたかない」と決めることから 全国で子育て講座 高祖さん提案

「たたかない、怒鳴らないと心掛けることから」と話す高祖常子さん=東京都内で

写真

 怒鳴らずに子どもに向き合えたら−。そう思う親は少なくない。全国で「たたかない子育て講座」を開く高祖常子(こうそときこ)さん(57)=東京都足立区=は「まずはたたかない、怒鳴らないと決めること」と提案する。イライラを抑える具体的な方法や考え方を著書にまとめた。(奥野斐)

 十年前から虐待防止活動を始め、七年前から行う講座で延べ二万人に「たたかない子育て」を伝えてきた高祖さん。「児童虐待防止推進月間」の十一月も、埼玉県和光市や千葉県浦安市などで講座をする。受講者や、編集長を務める育児情報誌「miku」の読者からは、「つい子どもにイライラしてしまう」「たたいて自己嫌悪に陥る」との声が寄せられているという。

 著書では、言うことを聞かない子どもの気持ちや、ついたたいてしまう親自身の気持ちを振り返ることを勧める。「叱る」と「怒る」の違い、「ゆっくり数を数える」など怒りの収め方、褒める時に使えるポジティブ表現への言い換えといった、よりよい親子関係を築くヒントや対策を紹介した。

 高祖さんによると、現在、五十三カ国が子どもへの体罰・暴力を法律で禁止。三歳半までにお尻などをたたかれた子が、五歳半の時に問題行動を起こすリスクが高いという研究もある。

 二十代の三人の子を持つ母としての失敗談もつづりながら、「手を上げないと心掛けることが大事。できなかった日ではなく、子どもと向き合えた日を数えてみて」と呼び掛けている。

 著書は「イラストでよくわかる 感情的にならない子育て」。百八十四ページ。税込み千四百四円。問い合わせは、かんき出版=電03(3262)8012=へ。 

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報