東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【首都圏】

「熊野那智信仰」 宮司ら語る真髄 都内で11日

シンポジウムのチラシ

写真

 世界文化遺産に登録されている和歌山県の熊野三山の一つ、熊野那智大社の創建千七百年を記念したシンポジウム「熊野那智信仰の真髄(しんずい)」が十一日、東京・神田駿河台の明治大学リバティタワーで開かれる。

 熊野那智大社の男成洋三宮司、京都大学名誉教授の薗田稔秩父神社宮司らが登壇し、那智信仰の歴史と文化を考える。午後一時開会。定員二百五十人、参加費無料。シンポジウム終了後、午後五時半からは交流会(参加費四千円)も開催。問い合わせは、国際熊野学会=電090(7490)1953=へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報