東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【首都圏】

困難抱えて生きる子へXマス慈善コンサート 世界から著名ミュージシャン集まる

秋吉敏子さん

写真

 クリスマスの夜、困難を抱えて生きる子どもたちの幸せを音楽で祈る「プレイ フォー ピース コンサート」が二十五日、東京都千代田区の紀尾井ホールで開かれる。ニューヨークを拠点に活躍するジャズピアニストの秋吉敏子さんら、世界各地から著名ミュージシャンが集まる。

 国境を越えて離れて暮らす家族の再会援助や、国際養子縁組、難民支援などに取り組む日本国際社会事業団(ISSJ)の主催。終戦直後の戦争孤児救済のために始まった歴史ある活動を広く知ってもらう機会にしようと初めて企画した。

 このほか、秋吉さんの夫で世界的テナーサックス奏者のルー・タバキンさん、ロンドン在住でニューズウィーク誌の「世界が尊敬する日本人百人」に選ばれた太鼓・パーカション奏者の広田丈自さん、二度のグラミー賞に輝いたデンマークのジャズバイオリン奏者、マッズ・トーリングさんらが出演する。会場には、難民や児童養護施設の子どもたちを招待し「世界の音」を感じてもらうという。

 料金は一般七千五百円、学生三千五百円。収益はISSJの活動に役立てる。午後六時半開演。当日券あり。問い合わせはコンコルディア=電03(5510)4844(土、日、祝日は休み)=へ。 (浅田晃弘)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報