東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【首都圏】

ウミガメ保全へ ゴミの影響語る NPO、都内で来月11日

 ウミガメの保全活動を行っている認定NPO法人エバーラスティング・ネイチャー(ELNA)による報告会が一月十一日、東京都内で開かれる。

 今回は「ゴミとウミガメ」に焦点を当てる。ELNAでは、主に千葉県の房総半島から茨城県の海岸に漂着するウミガメについて年百体ほどを調査しており、大半がプラスチックなどのゴミを誤って食べてしまっていることが分かっている。

 報告会ではこうした誤飲がウミガメに与える悪影響について話すほか、小笠原で活動するスタッフらが本年度の保全活動の成果について語る。

 報告会は一月十一日午後七時から、渋谷区神宮前五の五三の七〇、国連大学ビル一階、地球環境パートナーシッププラザで。無料。定員五十人。申し込みはELNAのホームページから。報告会後、懇親会(有料)も予定されている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報