東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【首都圏】

<三浦半島 山から海へ>(6)横須賀・1 山上の古刹からアートな畑風景

武山を背に広がるキャベツ畑=神奈川県横須賀市で

写真

 起点の一騎塚バス停からわずかに戻ると立派な案内看板がある。この先の町中は道がわかりにくいので、メモまたは撮影しておこう。

 やがて一本道の狭い車道を上がっていく。資材置き場などもあるが樹林に覆われた気持ちの良い道で、途中の展望スペースからは富士山や相模湾の眺めが素晴らしい。武山(たけやま)山上の高みはそのまま武山不動院の境内になっている。鐘も突けるし、一段下がった休憩所上の展望台からは、富士山近辺以外の大パノラマが広がる。東京、横浜のビル群や青い東京湾が印象深い。

 下山は「津久井浜」方面の看板に従う。しばし深い森の中を歩く。タブの木など原生に近い照葉樹林で、森林浴が堪能できる。車道に下りて少し歩くと「津久井浜駅方面」の看板がある。その先には津久井浜観光農園があり、農産物の売店の他、今が旬のイチゴ狩りの拠点になっている。そちらも良いが、お薦めは畑の鑑賞だ。

 例の看板を無視して直進すると、いきなり高原状の畑のど真ん中に出る。畝が上下左右にうねり、結球前のキャベツの列がアートのように美しい。後方には富士山や東京湾、今下りてきた武山の山地などが格好の背景をなしている。中央の車道を海へ向かう。分岐も多いが、道の立派な方と意識して進めばOK。最後のカーブを下れば駅だが、線路をまたいで町中から国道を渡り、浜まで出てもいい。対岸の房総半島は目の前だ。

 (山岳ライター・樋口一郎)

 ※樋口さんの新著「鎌倉&三浦半島 山から海へ30コース」(東京新聞刊)発売中。

写真

 ●アクセス 往路・JR横須賀駅または京急線横須賀中央駅から長井、横須賀市民病院、三崎口駅行きなどのバスで一騎塚、復路・京急線津久井浜駅 

 ●歩行時間 約2時間

 ●アドバイス 武山不動院は初不動の日(毎年1月28日)なら、境内に露店などが並びお祭り気分が味わえる。畑エリアは狭い側道に入らぬように。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報