東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【首都圏】

球磨焼酎「一杯無料」すし店などで試飲会 銀座・築地で月末まで

銀座、築地の名店で提供される球磨焼酎(球磨焼酎酒造組合提供)

写真

 熊本県の球磨(くま)焼酎酒造組合が二月末まで、東京・銀座と築地の飲食店で「一杯無料」の試飲キャンペーンを展開している。

 銀座寿司(すし)幸本店、築地寿司岩総本店などすし、和食、中華など十四店が参加。来店すると、店主がすすめる球磨焼酎を一杯だけ無料で飲める。店主、料理長らは昨年十一月、試飲会に参加して香りや口触り、製造方法などを学んだ。二十種の球磨焼酎の中から、料理に最も合う焼酎を提供する。

 田中幸輔・同組合専務理事は「球磨焼酎はすしやお米との相性がとてもいい。東京で暮らす方々に一度味わってもらうことで、息の長い人気につなげたい」と話す。参加店は組合のホームページで紹介している。問い合わせは球磨焼酎酒造組合=電0966(22)6930=へ。 (梅村武史)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報