東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【首都圏】

<中野優理香のJAXAフライトディレクタ通信> 夢と不安のはざまで

中野優理香さんが学んだ、慶応大理工学部矢上キャンパス=横浜市港北区で、本社ヘリ「おおづる」から

写真

 「宇宙飛行士になって火星を調べたい」。中学高校もその思いは変わりませんでした。宇宙が好きということから数学・物理は得意でしたが、一方で社会は苦手でした。

 今思えば地理・歴史は、宇宙開発の歴史や協力関係を知る上で重要な教科です。もう少し勉強しておけばよかったです。

 そんな中、高校生の時にふと将来への不安に襲われました。

 「こんな夢のようなことを追いかけていていいのだろうか」と。

 一つのことに真っすぐに取り組むことは悪くないですが、それを失った時の喪失感は大きいからです。

 ある日、「ニュートン」という科学雑誌を読んでいると、国際宇宙ステーション(ISS)の技術力についての記事がありました。

 「有人宇宙」開発の上で不可欠なのが生命維持装置であるとともに、今後の展望についても記載がありました。

 その記事を読んだ時、幅広い宇宙開発の分野の中で、私はやっぱり「有人宇宙」に興味があるのだと実感し、有人宇宙開発に貢献できるよう、慶応大理工学部機械工学科へ進学することを決意しました。

 学生時代の経験から、生徒の皆さんに伝えたいことは「恐れずに挑戦してみる」ということです。

 「恐れずに挑戦してみる」ということは「やりたいことだけやる」という意味ではありません。

 「やりたいこと」も時間を見つけながらやり、「やりたくないけど必要なこと」もきちんとやるということです。

 中学・高校での勉強は、将来大人になってからの知識の基礎となる大切な部分です。その基礎知識に大学で専門的な知識を追加していくのです。

 私が苦手だった地理・歴史は、今の業務で基礎となるべき部分のため、もう一度勉強をし直しています。

 生徒の皆さんは将来やりたいことに全力を注げるよう、今から幅広く準備をはじめてください。

 (「JAXAフライトディレクタ通信」は随時掲載します)

<なかの・ゆりか> 宇都宮市出身。宇都宮市立御幸小学校、慶応義塾湘南藤沢中・高等部を経て慶応大理工学部卒業。2012年4月、宇宙航空研究開発機構(JAXA)入社。14年8月から国際宇宙ステーション(ISS)にある日本の実験棟「きぼう」のフライトディレクタ。17年11月から宇宙ステーション補給機「こうのとり」のフライトディレクタの訓練を始める。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報