東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【首都圏】

「憲法」を考えよう 議員と若者が討論 都内で26日に催し

 高校生や大学生らと国会議員が討論する「若者×国会議員 交流イベント」が26日午後4時から、衆議院第一議員会館(東京都千代田区)で開かれる。若者の投票率向上を目指すNPO法人「ドットジェイピー」が企画し、参加希望の若者を募っている。参加無料。

 主に関東地方の高校生や大学生ら約100人と、各政党の国会議員約20人が参加予定。国会議員と学生らが10人程度のグループに分かれ、「少子高齢化」「憲法」「労働問題」など6つのテーマごとに意見交換する。討論時間は、1つのテーマにつき約20分。

 ドットジェイピー広報担当で筑波大4年の宮内優衣さん(22)は「フランクな雰囲気の交流イベントなので、多くの人に参加してほしい」と呼びかけている。

 参加希望者はドットジェイピーのホームページ(HP)から申し込む。HPはインターネットの検索サイトで「ドットジェイピー」と入力を。問い合わせは、宮内さんのメールアドレス=yui_miyauchi@dot-jp.or.jp=へ。 (中山岳)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報