東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【首都圏】

無料視聴サイトで復活 昨年閉館の短編シアター

短編映画の視聴サイトについて説明する別所哲也さん=東京都渋谷区で

写真

 短編映画の普及に尽力し、昨年12月2日に惜しまれつつ閉館した映画館「ブリリア・ショートショートシアター」(横浜市西区)がオンラインシアターとして復活した。会員登録するだけで、作品を無料で視聴できる。運営会社代表で俳優の別所哲也さんは「横浜での蓄積を生かし、ショートフィルム文化を広めたい」と話す。(志村彰太)

 二〇〇八年にオープンした同シアターは、「一定の役割を果たした」として十周年の節目を前に閉館した。別所さんは「インターネットやスマートフォンの普及など近年の生活様式の変化に合わせ、次のステップへ踏み出した」とオンライン化の狙いを説明する。

 サイトで公開するのは五〜二十分の作品。通勤・通学の電車内や、自宅でくつろぎながら見る形式を想定する。「日常生活に新しい気付きや潤いを与える『サプリメント』のイメージ」と別所さん。ファンを増やすため視聴は無料にし、イベント開催やグッズ販売、協賛企業の広告収入などで経費を賄う。

 二週間に一本のペースで新しい作品を公開し、常時六本以上を見られるようにする。運営会社のスタッフや外部ライターが、作品や短編映画の魅力を書いた記事も掲載する。イベントは市内での開催も想定し、別所さんは「原点である横浜とのつながりは継承する。会員と一緒につくっていくシアターにしたい」と語った。詳細はホームページ(「ブリリア・ショートショートシアター」で検索)へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報