東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【首都圏】

映画「沖縄」第2部 「怒りの島」を上映 都内で来月9日

 沖縄差別の原点を描いた映画「沖縄」第二部の上映会が三月九日、東京都港区芝浦三の田町交通ビル六階ホールで開かれる。人権の二十一世紀をつくる文化の集い実行委員会の主催。

 「沖縄」は一九七〇年に製作された。武田敦さんが監督し、地井武男さん、佐々木愛さんが出演している。二部構成で第一部「一坪たりともわたすまい」は、米軍に土地を奪われた農民の怒りや、たくましく生きる若者の姿を描いている。第二部「怒りの島」は、基地労働者らがストライキに立ち上がり、沖縄の人たちが一つになっていく過程を映し出す。

 実行委員会は昨年十月に開催した文化の集いで、第一部を上映した。参加者から「第二部も見たい」という声が多く寄せられたため、今回は第二部を上映する。

 当日は午後五時半開場、午後六時開演。問い合わせは実行委員会=電03(3762)7176=へ。 (飯田孝幸)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報