東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【首都圏】

<読者とともに>定年後を楽しむ地域デビュー 本紙・清水政治部長が埼玉「いきがい大学」入学式で講演

写真

 埼玉県の高齢者の学習の場「彩の国いきがい大学」の入学式が20日、さいたま市文化センターで開かれ、本紙の清水孝幸政治部長が「定年後を楽しむシニアの地域デビュー」と題して記念講演した=写真。

 同大学は公益財団法人「いきいき埼玉」が運営し、60歳以上の県内在住者約1400人が入学した。

 講演した清水政治部長は毎月第1土曜朝刊暮らし面で「50代の地域デビュー」を長期連載中。将棋やラテンダンス・サルサなどのサークル活動、料理や手芸、歌舞伎体操などの趣味講座、盆踊りやサクランボの種飛ばし大会などの地域イベントに参加した体験談を披露し「定年後の自由時間は長い。老後を楽しむには、会社に代わる『居場所』を地域で見つけることが欠かせない」と述べた。

 連載記事をまとめた「定年が楽しみになる!オヤジの地域デビュー」(東京新聞刊)が発売中。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報