東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【首都圏】

「烏山城カード」集めよう 栃木・那須烏山市 全9種を配布

那須烏山市が作った「烏山城カード」

写真

 栃木県那須烏山市は、烏山城築城六百年を記念したカードを作った。

 烏山城は一四一七年に築かれたとされる山城で、戦国時代から江戸中期まで城主が頻繁に交代した。明治を迎えて廃城となった。

 カードは全九種類で、それぞれ限定千枚。烏山城にまつわる民話や史跡などをイラストや写真で紹介する。「八溝そば街道そばまつり」(五月十九〜二十日)、「山あげ祭」(七月二十七〜二十九日)などで配布予定。

 川俣純子市長は「全部集めるのは大変かもしれないが、市を訪れ、烏山城を知るきっかけになれば。市民もカードを集め、地域の歴史を再発見してほしい」と話している。 (小川直人)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報