東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【首都圏】

関東の竜党 集まれー 18日に品川駅前でファンフェスタ

写真

 プロ野球・中日ドラゴンズのファンが交流(交竜)する「関東ドラゴンズファンフェスタ2018」が十八日、東京・品川駅前で開かれる。

 今年で三回目。発起人の講談師の一龍斎貞花さん(79)、葛飾区=と「関東燃えドラ会」代表の時川修さん(47)、埼玉県川口市=が、東京新聞したまち支局(台東区)を訪れ、首都圏の竜党の集結を呼びかけた。

 「柳、笠原、小笠原ら、若手が奮闘していて投手王国復活の兆し。(五位だった)昨年とは違う。投打の歯車がかみ合えば…」と、今季のドラゴンズへの期待を語る貞花さん。「『全国区』の松坂が加わり、チームの雰囲気が変わった。関東の球場では弱いので、応援で盛り上げたい」と時川さんも力を込めた。

 フェスタでは、OBの野球解説者、谷沢健一さん(70)がトークショーに出演し、ドラゴンズの現状や選手時代のエピソードを披露。選手の直筆サイン色紙などが当たる大抽選会もある。

 午後七時から、JOYSOUND(ジョイサウンド)品川港南口店(港区港南二)二階で。大人五千円(フリードリンク)、小学生以下千円。申し込みは、事務局の時川さん=メールtokikawa9@gmail.com、電090(8947)0019=へ。 (井上幸一)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報