東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【首都圏】

障がい者雇用促進へ職場づくりを学ぼう 16日からセミナー開催、初回は台東区で

 働く人に占める障がい者の割合(法定雇用率)が引き上げられたことを受け、企業の人事担当者らを対象にした「障がい者の雇用促進セミナー〜ハンディのある人たちと働く職場づくり」が十六日から開かれる。七月までの全三回。

 企業や自治体に障がい者の雇用を義務づける障害者雇用促進法が改正され、企業の法定雇用率は四月から2・2%と0・2ポイント上がった。一人一人の個性を見極めて、適切な職場を提供することが重要なことから、茨城県石岡市の社会福祉法人「白銀(しろがね)会」が主催してセミナーを開く。

 初回の十六日は、東京都台東区東上野の日立建機本社で開催。森民夫・前新潟県長岡市長が、同市の特別支援学校での就労訓練を紹介するほか、日立建機の人事担当者が採用事例を話す。

 参加費は三回分で税込み五千円。問い合わせは白銀会=電0299(22)3215=へ。 (安藤美由紀)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報