東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【首都圏】

新幹線上野〜大宮間で1分短縮へ騒音対策工事 今月下旬からJR東

 東北・上越・北陸新幹線の上野−大宮間の所要時間を最大1分短縮する計画に伴い、JR東日本は今月下旬、埼玉県内のJR埼京線戸田公園−北与野間と並行する約2キロの区間の騒音対策工事に着手する。

 既存の防音壁の内側に吸音板を設置するほか、約1キロにわたる部分では防音壁を現在よりも1メートル高くする。工事期間は概(おおむ)ね2年間で、時間短縮のため区間の最高速度を現行の時速110キロから130キロに速めても、沿線自治体から要望された騒音基準値(70デシベル以下)を守ることができるという。速度アップの開始時期は未定。 (増井のぞみ)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報