東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【首都圏】

足立梨花さん「愉快市民」に 宇都宮舞台の映画主演

「宇都宮愉快市民証」を手に写真撮影に応じる足立梨花さん(左)と佐藤栄一市長=宇都宮市で

写真

 宇都宮市をPRする「誇れる宇都宮愉快市民」に、宇都宮を舞台とする映画「キスできる餃子(ギョーザ)」で主演を務めた女優の足立梨花さん(25)が任命された。

 秦建日子(たけひこ)監督のラブコメディーで、足立さんは実家のギョーザ店の再建に奮闘するシングルマザーを演じた。作品にはJR宇都宮駅やギョーザ店、大谷資料館など市内各所が登場。6月22日から全国公開される。

 足立さんは「宇都宮カクテルカーニバル」でにぎわう同市のオリオンスクエアに登場し、佐藤栄一市長から委嘱状と「愉快市民証」を笑顔で受け取った。映画の撮影で滞在中、ギョーザだけでなく宇都宮のさまざまな良さを発見して感動したといい、「映画を通じて宇都宮の魅力を発信していきたい」と抱負を語った。

 愉快市民は、市や市商工会議所などで組織する宇都宮ブランド推進協議会が各界で活躍する市出身者や市ゆかりの人に委嘱し、PRに協力してもらう。足立さんで45人目。 (高橋淳)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報