東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【首都圏】

愛知・渥美半島のグルメ味わって 田原市 特別メニュー 都内、横浜で30日まで

ランチメニュー「田原ポークの豚丼」

写真

 農業産出額が全国1位(2016年、市町村別)の愛知県田原市の食材を使った特別メニューが、東京都内と横浜市の11店で提供されている。

 30日まで開催の「愛知県田原市フェア」。愛知県南端の渥美半島に位置し、海産物にも恵まれた地域のことを首都圏の人たちに知ってもらおうと、市が初めて企画した。

 会場は、居酒屋チェーン「えん」の池袋東口パルコ店、銀座店、秋葉原店など。キャベツや名古屋コーチン、メロン、大アサリ(ウチムラサキ)など13種類の食材を使い、昼は田原ポークの豚丼(1280円)、夜はジャガイモの代わりにキャベツを使った名物のコロッケ「キャベコロ」(630円)や名古屋コーチンの陶板焼き(1380円)など8種類を提供する。

 問い合わせは、BYO=電03(5957)5340=へ。 (松村裕子)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報