東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【首都圏】

超高齢化社会の幸福を考える 30日、都内でフォーラム

 第14回日総研フォーラム「超高齢化社会における地域の幸福を考える−ジェロントロジーの視点から」(一般財団法人日本総合研究所主催、本社後援)が30日午後6時半から、東京都中央区銀座5の時事通信ホールで開かれる。

 パネリストは、全国知事会会長の上田清司・埼玉県知事、鈴木英敬・三重県知事。寺島実郎・日総研会長がコーディネーターを務め、総括講演をする。ジェロントロジー(高齢化社会工学)を念頭に、政策シナリオを探る。

 聴講料は「『寺島実郎の時代認識』資料集 2018年夏号」付きで一般5000円を、本紙読者は3000円。「東京新聞で知った」と言って申し込む。学生1000円(学生証を当日提示)。

 聴講希望者は17日までに日総研=電03(5215)8320=平日午前10時〜午後5時=に申し込み、聴講料を振り込む。ホームページ=https://www.jri.or.jp=からも申し込める。定員250人。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報