東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【首都圏】

パンダづくし…首都圏の女性満喫 和歌山 アドベンチャーワールド

クロストークで熊川智子さん(右)とおかずクラブが軽快なトークで会場を喜ばせた=東京・日本橋室町で

写真

 日本最多五頭のジャイアントパンダが暮らす和歌山県白浜町のアドベンチャーワールド。その開園四十周年を記念して六月二十八日、東京都中央区日本橋室町で“パンダづくし”のセミナーイベント「パンダdeナイト」(和歌山県観光連盟主催)が行われた。

 会場には約千五百人から抽選で選ばれた、首都圏で働く女性約三百七十人が参加。パンダ飼育スタッフの熊川智子さん(45)が知られざるパンダの生態をレクチャーし、参加者は出産、育児の感動的な貴重映像に真剣なまなざしで見入っていた。

 お笑い芸人「おかずクラブ」の二人と熊川さんのクロストークではパンダの朝採れ「うんち」が登場。「竹の香りがする」と聞いて、イベント帰りにかぐ希望者で長蛇の列ができた。

 パンダグッズの抽選会では白石智恵子さん(50)が3Lサイズの縫いぐるみをゲット。白石さんは「東京から飛行機で一時間ちょっとで行けるのは驚き。今夏はぜひ白浜に行きたい」と喜びを語った。

 アドベンチャーワールドではオスの永明(えいめい)とメスの良浜(らうひん)の交配を四月に確認。順調にいけば夏から秋にかけて出産する見込み。 (須藤英治)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報