東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【首都圏】

職場体験、記念日新聞に 丸紅が社内イベント

神戸新聞が開発したアプリ「ことまど」を使ってできあがったオリジナル新聞を手にする親子=東京都中央区で

写真

 大手商社「丸紅」(東京都中央区)が二十七日、グループ社員の子どもを招いて本社を案内する社内行事で、兵庫県の地方紙、神戸新聞社(本社神戸市)が開発した新聞づくり用クラウド型アプリ「ことまど」を利用し、一人一人に異なるオリジナル新聞を記念品として贈った。

 ことまどは、本格的な新聞が簡単につくれる有料サービス。今春から兵庫県などの小中学校など教育現場で本格展開を始めている。素早く編集できる利点を生かし、地域イベントで会場の様子を伝える「号外」発行にも活用されている。

 この日の「丸紅キッズプロジェクト」は、二〇一〇年から続く社内行事。昨年は子どもたちが職場体験を手書きの新聞にまとめたが、今回は、ことまどを使ってスタッフが作成した「丸紅キッズ新聞」を配る趣向に変えた。

 小学生の部には約五十人が参加し、名刺交換や、中国・上海と結んだテレビ会議などを経験した。刷り上がった特製新聞を手渡された小学六年の河野萌々子さん(11)は「本格的でびっくりした。文章に私の名前が入っていて、一人一人のために作ってくれているのがうれしいです」と話していた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報