東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【首都圏】

8月2日はベビースターの日 日本橋で1日に記念イベント

(左上から時計回りに)1959年、73年、88年、現在のパッケージ(おやつカンパニー提供)

写真

 人気スナック「ベビースターラーメン」の発売から六十年目になるのを記念して、製造元の「おやつカンパニー」(津市)が八月二日を「ベビースターの日」に制定した。おや(八)つ(二)の語呂合わせにちなんだ。一日、東京・日本橋の「三重テラス」で記念イベントを開く。

 ベビースターラーメンは、即席めんの製造過程で出るかけらに味を付け、社員に配ったら好評だったことが商品化につながった。一九五九年、「ベビーラーメン」の商品名でデビュー。七三年に「子どものお菓子の一番星になりたい」との願いをこめて「ベビースターラーメン」に改称した。

 パッケージや量の違い、限定商品も含めるとこれまでに三千〜四千種を販売した。現在は約五十種。キャラクターの「ホシオくん」は三代目だ。担当者は「親子三代にわたって愛されてきたロングセラー商品を、さらに四代、五代にわたって楽しんで食べてほしい」と話す。

 イベントでは、六十年の歩みを振り返るパネルと現在のパッケージを展示する。先着五十人に七三年のパッケージの商品をプレゼント。各種ベビースターラーメンの詰め合わせセットを販売。午前十時〜午後五時。問い合わせは同社お客様相談室=電059(293)2398=へ。 (松村裕子)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報