東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【首都圏】

戦争に翻弄された娼婦の苦悩 横浜赤レンガ倉庫で11〜15日

「横浜ローザ」の舞台に立つ五大さん=横浜市港北区で

写真

 戦後の混乱期から1990年代にかけて横浜の繁華街に立っていた娼婦(しょうふ)をモデルに、女優の五大路子さん(65)が演じる一人芝居「横浜ローザ」が11〜15日、横浜赤レンガ倉庫1号館(横浜市中区)で上演される。五大さんは「戦争に翻弄(ほんろう)された女性の姿を通じ、平和の尊さを考えてほしい」と語る。

 上演開始は96年。同区の伊勢佐木町や馬車道などにいた娼婦「メリーさん」に、同じ時代を生き抜いた女性の苦悩を重ね合わせた。五大さんは「戦争に人生を狂わされた人の苦しみを伝えつつ『生きること』を見つめ直すきっかけをつくりたい」と訴える。

 今回は、舞台音楽をフルートとチェロなどの生演奏だけにし、シンプルなステージにする。「私が93歳で終戦100周年。それまで続けたい」と語った。

 開演は各日午後2時(14日は午後5時)。チケットは一般5500円、学生3500円(前売りは各500円引き)。問い合わせは横浜夢座事務局=電045(661)0623=へ。 (梅野光春)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報