東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【首都圏】

障害者の方の為のコンサート 大田区で来月16日、無料開催

昨年のコンサート風景

写真

 演奏中に歩いたり、大声を出してもOK−。障害のある人たちに音楽や生の楽器に触れてもらおうと、「ルナハープ」(川崎市)は九月十六日午後二時から、東京都大田区民プラザ小ホールで「障害者の方の為の無料コンサート」を開催する。障害のある人と付き添いの家族・友人は五人まで無料。

 ルナハープは障害者と家族らを対象にした無料コンサートを続け、今年で五回目。会場はエレベーター有り、ホール内には段差はない。知的障害のある人は大きな音に反応して立ち上がったり、声を上げてしまうことがあり、参加できるコンサートは限られる。ルナハープの会場では照明を落とさず、演奏中の出入りも自由にしている。

 曲の合間に演奏者が客席に下りて楽器を触ってもらったり写真を撮影したりすることも予定されている。ルナハープの北政扶美子代表とルナ・ビューティーフラワーズがハープを演奏。オペラ歌手の空条寅子さんがゲスト出演する。

 区民プラザは大田区下丸子三の一の三。東急多摩川線の下丸子駅徒歩一分。開場は午後一時半。開演同二時。席に限りがあるので事前予約が必要(当日のキャンセル可能)。申し込みは電0120(235)802か、メールinfo@luna-harp.comまで。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報