東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【首都圏】

「SL大樹」運行1周年祝う 鬼怒川温泉駅にファン集結

転車台に入るSL大樹を撮影するファンら=栃木県日光市の東武鉄道鬼怒川温泉駅で

写真

 東武鉄道は10日、栃木県日光市内を走る鬼怒川線で昨年8月、51年ぶりに復活した蒸気機関車(SL)「大樹」の営業運行1周年を記念し、鬼怒川温泉駅で式典を開いた。

 東武鉄道の都筑豊鉄道事業本部長は「1周年を迎えられたのは皆さまの支援のたまもの。1人でも多くの方に楽しんでもらえるよう取り組んでいく」とあいさつ。沿線で列車に手を振る活動に参加するなど、SL事業を支援した住民に感謝状が贈呈された。

 その後、日光市の大嶋一生市長らがホームでくす玉を割り、SL大樹が汽笛を鳴らして出発。詰めかけた多くのファンが見送った。

 SL大樹は6両編成。土日や祝日を中心に、鬼怒川温泉−下今市間(約12キロ)で運行している。東武鉄道がJR北海道から機関車C11形207号機を借り受け、各地のJRから客車などを譲り受けて整備した。

 座席指定券は乗車日の1カ月前からインターネットなどで予約できる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報