東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【首都圏】

愛知・東三河の仕事と暮らし体感 首都圏の学生対象 ツアー参加者募集

 首都圏の学生を対象に、愛知県の東三河地方の企業やくらしの魅力を知ってもらおうと、中日新聞社広告開発部が「ワーク×ライフ体感ツアー」を開く。三十日のツアーは同県豊橋市と豊川市、九月二十日は豊橋市と蒲郡市を訪れる。

 ツアーは首都圏に住む学生が対象。三十日は、食品製造、販売の「ヤマサちくわ」や厨房(ちゅうぼう)機器などの総合メーカー「AIHO」を訪問し、会社や商品の説明を受け、工場を見学する。また、昼食に名物の豊橋カレーうどんを食べ、豊橋動植物公園(のんほいパーク)の観光もする。

 九月二十日の見学は、農業関係の「イノチオホールディングス」やごま油などを手掛ける「竹本油脂」。昼は新鮮な海の幸を使った海鮮丼で、コースには竹島水族館も。

 広告開発部は「東三河出身で関東に進学した学生も参加できる。地元企業の魅力を知り、Uターン就職も選択肢の一つとして考えてもらえれば」と参加を呼びかけた。

 両日とも定員三十人。参加無料で交通費も支給されるが、予約が必要。午前八時に東京駅集合。服装自由。(問)広告開発部=052(221)0701

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報