東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【首都圏】

東伊豆の動物園 ホワイトタイガー誕生 双子の赤ちゃん元気よく

母親のメープル(奥)に寄り添う2匹のホワイトタイガーの赤ちゃん=静岡県東伊豆町の伊豆アニマルキングダムで

写真

 静岡県東伊豆町の動物園「伊豆アニマルキングダム」でホワイトタイガーの双子の赤ちゃんが誕生した。

 母親は十一歳のメープルで、十六日未明から早朝にかけて二匹を出産した。体長二〇〜三〇センチ、体重一キロ超で性別はまだ分かっていない。体に薄くしま模様が確認でき、寝たり母親の乳を吸ったりして元気良く育っている。生後一カ月ほどで牛肉などの餌を口にするようになり、三年後には体長二・五〜三メートル、体重二〇〇キロ前後の大人に成長するという。

 ホワイトタイガーは世界で三百匹ほど、国内では東武動物公園(埼玉県)など数カ所で三十匹ほどしか飼育されていない希少種。アニマルキングダムは今回の出産で計七匹になる。

 広報担当者は「久しぶりの赤ちゃんで飼育員や職員が喜んでいる。元気に育って皆に見てもらいたい」と声を弾ませた。 (中谷秀樹)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報