東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 首都圏 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【首都圏】

駿河湾 新種の深海魚発見 東海大・福井研究室

発見された「オナガインキウオ」=東海大・福井篤研究室提供

写真

 東海大海洋学部(静岡市清水区)の福井篤研究室は、駿河湾で新種の深海魚を発見したと発表した。主に深海で生息するクサウオ科の一種で、尾びれが長い特徴から「オナガインキウオ」と命名した。

 研究室によると、新種はクサウオ科インキウオ属の一種で、標準体長は8センチほど。赤いインクを垂らしたような体の色が特徴で、これまでに見つかっているクサウオ科の魚に比べて尾びれが長く、胸びれも形状が異なる。

論文をまとめた村崎さん(手前)と福井教授(右)、高見講師=静岡市で

写真

 研究室では、2013年から駿河湾中央の駿河トラフで深海魚を採集調査している。今回は14〜17年に水深1430〜2070メートルの3地点で、新種を28個体採取した。

 研究室の村崎謙太さん(26)=東海大大学院生物科学研究科博士課程2年=が、福井篤教授(61)と高見宗広講師(35)の協力で論文にまとめた。日本魚類学会の英字学会誌オンライン版に掲載された。

 3人は、昨年11月にもクサウオ科の新種発見の論文を発表している。村崎さんは「海の下では未知の世界が広がっている。今後も深海魚の研究を進めていきたい」と話した。 (広田和也)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報