東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。
みんなのスポーツ
  • 東京中日スポーツ
  • 東京新聞

トップ > みんなのスポーツ > 中学野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【中学野球】

城南鵬翔女子が決勝へ

第20回大田区中学軟式野球大会新人戦

7回表、決勝打となった中前適時打を放つ高橋こゆり(都丸満撮影)

写真

 平成29年度第20回大田区中学軟式野球大会新人戦(同区軟式野球連盟主催)は23日、同区の多摩川緑地少年野球場で準決勝が行われ、参加16チーム中唯一の女子チーム・城南鵬翔クラブBが道塚倶楽部Aを退け初の決勝へと駒を進めた。

30日、都大会出場を懸け大一番

 城南鵬翔は、2点を追う最終7回表、1点を追加した無死二、三塁の場面で、芳野菜々子が同点打。2死後、高橋こゆりの中前打で逆転し、さらに、2点を加え5得点。その裏、6回から継いだ1年生右腕・山田優希が1失点したものの逃げ切った。

 「男子と比べ力の差は感じる。100%以上で戦い優勝できれば」と高橋萌栞主将。30日には、都大会出場を懸け六郷ペガサスAとの大一番に挑む。 (都丸満)

 ▽3回戦

大森ホワイトスネークスA7−0東京ウイングA

六郷ペガサスA8−1道塚倶楽部B

道塚倶楽部A12−3グランフレールB

城南鵬翔クラブB12−10大田ドリームス

 ▽準決勝

六郷ペガサスA5−2大森ホワイトスネークスA

城南鵬翔クラブB6−4道塚倶楽部A

 

この記事を印刷する

PR情報



ピックアップ
Recommended by