東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。
みんなのスポーツ
  • 東京中日スポーツ
  • 東京新聞

トップ > みんなのスポーツ > 中学野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【中学野球】

日大二中、3連覇を達成

第17回東京都少年新人軟式野球杉並支部大会

3連覇を達成した日大二中の選手ら(都丸満撮影)

写真

 第17回東京都少年新人軟式野球杉並支部大会(東京中日スポーツ・東京新聞など協賛)は、同区の佼成学園中・高等学校総合運動場で決勝が行われ、日大二中が井草中を破り3連覇を達成した。日大二中は、9月17日に開幕する都大会に出場する。 (都丸満)

 ◇ 

 日大二中は、初回にいきなり4失点。「気持ちを切り替えて1点ずつ取り返すしか無いと思った」と岩田侑真主将。迎えた4回、無死満塁から好機を生かせず2死。だが、8番・榎本広太が中前打を放ち1点をかえすと、四球と敵失で2点を加え1点差、さらに平井海人の右前打に後逸が重なり走者を一掃、自身も生還し計7点を奪い逆転。5回に3点、6回にも2点を加え突き放した。投げても、継投した鳥山穣太郎が6回に2失点を許したものの逃げ切り快勝した。

準優勝の井草中の選手ら

写真

 「戦力としては、まだ3年生に負けているけど、チームの団結力は」と岩田主将。都大会の目標は優勝より昨年越えの「ベスト4」と気を引き締めた。福嶋朋貴監督は「3年生が上部大会(8月上旬)に出ていて、新チームの始動が遅れたので、まだ練習試合もできていない。まだまだこれからです」と語り、「(都大会は)まずは1勝ですね」と控えめな目標を立てた。

 ▽決勝

日大二中

000732|12

400002|6

井草中

 (6回時間切れ)

(日)榎本広太、鳥山穣太郎−岩田侑真

(井)玉田諒吾−増本丈太郎

 ▽井草中・玉田諒吾主将「(4得点し)いい感じで入れた。最初は守り切れたけど、ちょとしたエラーで狂い始めた。立て直せるようなチームを作っていきたい」

 ▽1回戦

中瀬中9−0杉並ジェッツ

向陽・神明中15−0荻窪中

佼成学園中9−0高井戸中

杉並ベースボールクラブ11−4松渓中

西宮中15−0杉森・高円寺・東原中

日大二中2−1杉並ホワイトシャークス

 ▽2回戦

井草中9−8中瀬中

佼成学園中4−3向陽・神明中

西宮中4−2杉並ベースボールクラブ

日大二中7−0高南・和田中

 ▽準決勝

井草中3−0佼成学園中

日大二中9−4西宮中

 

この記事を印刷する

PR情報



ピックアップ
Recommended by