東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。
みんなのスポーツ
  • 東京中日スポーツ
  • 東京新聞

トップ > みんなのスポーツ > 学童野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【学童野球】

高島エイト、都知事杯初優勝に続き初栄冠 エイト

、東京都スポーツ文化事業団理事長杯駒沢ジュニアベースボール大会第9回都学童王座決定戦

初優勝を飾った高島エイトの選手ら

写真

 6月の全日本学童都予選、7月の都知事杯学童大会の上位チームにより東京ナンバーワンを競う、東京都スポーツ文化事業団理事長杯駒沢ジュニアベースボール大会第9回都学童王座決定戦(同事業団、駒沢オリンピック公園総合運動場主催、都軟式野球連盟主管、東京中日スポーツ・東京新聞後援)が9、10日に東京・都営駒沢球場で行われ、高島エイト(板橋)が深川ジャイアンツ(江東)との決勝を制して初優勝した。 (都丸満、鈴木秀樹)

 真の東京一を決めた高島エイト、人さし指を高々と掲げながらナインが駆け寄った。

優勝を決め駆け寄る高島エイトナイン(いずれも鈴木秀樹撮影)

写真

 全日本都予選では、準々決勝で不動パイレーツ(目黒)に惜敗しベスト8。直後に始まった都知事杯では、気持ちを切り替え、「ベスト4に入って(王座)決定戦に出よう」と目標を掲げ奮闘。みごとチーム記録のベスト“エイト”の壁を越え初優勝を果たし、今大会の出場権を獲得した。

 1回戦では、不動にリベンジし快勝。その不動戦で不調だった藤森晴久君。「力が入りバットがシンプルに出なかった」。この日は独特のフォームで右打席に入った。右手のみでバットを垂直に持ち、左手はダラリと下げた状態で投手に向かい、タイミングを取り両手で握る。変な力が入らないようにと、この日の朝に急きょフォーム改造したのだという。

 効果はすぐに現れた。準決勝では、中越え三塁打を含む3打数2安打2打点。決勝でも本塁打、2回にも、起点となる安打を放つなど流れを作った。

 決勝は初回、藤森君が左翼を深々破る先頭打者弾を放つなど2点。2回2死一、二塁の場面では、山●隆之介君、海老原颯馬君の3、4番の連打などで3点。3回にも加点し、6点を先行した。

 投げても、「安定していた」(藤井誠一監督)先発・藤森君、2番手・川野邉智也君が計8安打を浴びるも粘投し1失点。最後の打者を3番手・山●君が打ち取り都2冠を達成した。

 投打で活躍した藤森君は「(先制弾は)打てるとは思わなかった。これからもこのフォームを続けます」とニッコリ。三つ子の次男・渡邊慈主将は「思い出に残る優勝。本当にうれしい」と語り、長男・慎君、三男・慧君と最後の都大会で「3人で戦えたのもうれしい。中学でも3人で野球を続けます」と笑顔で振り返った。

 ▽決勝

高島エイト

2310000|6

0000010|1

深川ジャイアンツ

(高)藤森晴久、川野邉智也、山崎隆之介−海老原颯馬

(深)野島樟、上村翔太−小島泰盛

本塁打藤森(高)

深川ジャイアンツ成長の証「銀」

準優勝の深川ジャイアンツの選手ら

写真

 決勝は高島に完敗した深川ジャイアンツ。抜群の制球力を誇る背番号「1」野島樟君が、この日は「これまで見たことない」(小倉拓也監督)ほどの乱調で、リズムに乗りきれなかった序盤がすべてだった。「先頭打者、それも初球の本塁打。あれでリズムが狂ったのかな…」(同)。

 それでも見事な準優勝。初戦に1−0で全日本都大会王者の池雪ジュニアストロング(大田)に勝利し、都知事杯準優勝の北原少年野球クラブ(練馬)との準決勝は2−1。いずれもノーエラーで併殺も記録するなど、自慢の守備力がさえわたり、新人戦、都知事杯と安定した力で上位進出を果たした力を存分に披露した。「最後は負けてしまったけど、強い相手と戦い、接戦を勝ち上がれてうれしかった。成長できたと思います」と八所真皇主将。応援団からはねぎらいの声が飛んでいた。

3位コメント

 ▽北原少年野球クラブ・立石篤申監督「最終的にはミスの数が得点に出てしまいました。それでも、外野ノックでここまで守備を鍛えてくれたコーチたちにはお礼しかありません」

 ▽同・神崎順君(5回に反撃の本塁打)「打撃の調子はずっと良かったです。打ててよかった。あとは23区大会に出て、勝てるように頑張ります」

 ▽新町ライオンズ・小峰和彦監督「中盤以降は東京ナンバーワンピッチャー(高島・山崎君)を相手にひるまず打てていましたし、ミスも攻めた結果。よく戦ってくれました」

 ▽同・中本晃太朗主将「山崎君の球はすごかった。でも、あきらめずに全力を出し切れた。全国大会にも出れて、最高の夏でした」

 ▽1回戦

深川ジャイアンツ1−0池雪ジュニアストロング

(江東) (大田) 

北原少年野球クラブ6−1久我山イーグルス

(練馬) (杉並) 

新町ライオンズ8−1駒込ベアーズ

(青梅) (豊島) 

高島エイト9−1不動パイレーツ

(板橋) (目黒) 

 ▽準決勝

深川ジャイアンツ2−1北原少年野球クラブ

高島エイト7−4新町ライオンズ

 

この記事を印刷する

PR情報







si/footer.ssi"-->