東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。
みんなのスポーツ
  • 東京中日スポーツ
  • 東京新聞

トップ > みんなのスポーツ > 学童野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【学童野球】

コンバッツ、接戦制し初戦突破!!

東京新聞杯争奪第35回東京都学童軟式野球大会新人戦

勝利を収め、試合終了のあいさつに笑顔で駆け寄るコンバッツナイン(すべて鈴木秀樹撮影)

写真

 東京新聞杯争奪第35回東京都学童軟式野球大会新人戦(都軟式野球連盟、東京中日スポーツ・東京新聞など主催)が24日、東京都板橋区の荒川戸田橋緑地野球場で開幕した。この日は1回戦29試合が同野球場で行われ、今夏、5年生だけのチームで都知事杯学童大会に出場、2勝を挙げた金町ジャイアンツ(葛飾)などが勝利。優勝チームは11月25、26日に千葉県鎌ケ谷市のファイターズ鎌ケ谷スタジアムで行われる関東大会への出場権を得る。 (鈴木秀樹)

 同点タイブレークにもつれた接戦を制し、コンバッツ(中野)がうれしい初戦突破を果たした。

 立川メッツ(立川)との1回戦では、初回から幾度となくピンチを背負いながらも、力投を続ける先発・川井田翔夢君をバックが好守備でもり立てた。

 一方の打線は、好投を続ける立川先発の栗田心平君に4回まで1安打と封じられていたが、5回表、四球と盗塁の渡邉駿太君を二塁に置き、吉村航輝君が中越え二塁打を放ち待望の先取点を挙げた。吉村君も相手バッテリーエラーでかえり、この回2点。それでも、粘る立川打線に6回、相田暸汰君の右翼線二塁打などで同点に追いつかれ、勝負はタイブレークへともつれた。

 延長8回、先頭の9番・後藤慶君が中堅に2点打を放ったコンバッツは、ここも堅守で立川に得点を与えず、4−2で逃げ切って勝利を収めた。

 初戦敗退に終わった昨年大会も中堅手として出場していた渡邊球太主将は「去年はすごく悔しかったんです。その思いをぶつけ、勝つことができてすごくうれしい」と笑顔。リリーフのマウンドでは、「芯で捉えられた打球も、みんなが守ってくれた。安心して腕を振って投げられました」と振り返っていた。

うれしい大舞台初勝利

 平山ブルーサンダース

試合終了後の円陣を終え、勝利をかみしめる平山サンダースナイン

写真

 都大会初出場の平山ブルーサンダース(日野)が、大舞台でうれしい初勝利。国分寺サンダース(国分寺)の猛追をしのぎ、2回戦に駒を進めた。

 初回に近藤祐槻主将と山上倖弘君の連続適時打で2点を先取した平山だったが、2回に3失点。それでも3回に1点、4回にも城田浩輝君、滝瀬漣君、川久保陽向君の連打などで3点を奪い再逆転。なおも粘る国分寺に7−6まで迫られたが、力投を続ける先発・山口陽菜乃さんを、最終回にも3点を奪うなど打線が援護し逃げ切った。

 「勝ったとはいえ、もらった点も多かったので…」と、熊谷孝監督は苦笑いを浮かべつつも、安どの表情でナインをねぎらった。「勝ててよかったです!」と近藤主将。「6年生の先輩が応援してくれて、力をもらいました。みんな声が小さかったので、次はもっと声を出して、エラーを恐れずプレーしたいです」と声を弾ませた。

61チームが行進

開会式で元気よく選手宣誓を行った梶山レッドスターズの阿部主将

写真

梶山・阿部主将が宣誓

 ○…午前8時半から始まった開会式では、大会に参加する都内各地区代表61チームの選手らが入場行進。都軟連・梅田勝利会長が「この大会の優勝と、関東大会出場を目指し、日ごろの練習の成果を存分に発揮してください」と激励、梶山レッドスターズ(板橋)・阿部純平主将が「支えてくれる仲間たちとともに、最後まで戦うことを誓います」と、元気よく選手宣誓を行った。

 ▽1回戦

和泉フレンズ7−3日新グリーンボーイズ

(狛江) (府中) 

町田玉川学園少年野球クラブ12−1日の出ジュニアファイターズ

(町田) (あきる野)

旗の台クラブ8−7南篠崎ランチャーズB

(品川) (江戸川)

光華グリーンズ7−4神田スピリッツ

(昭島) (千代田)

小平ジャガーズ21−3永山ペガサス

(小平) (多摩) 

平山ブルーサンダース10−7国分寺サンダース

(日野) (国分寺)

けやきスラッガーズ14−3ヤングジャイアンツ

(西東京) (練馬) 

山野レッドイーグルス8−1雷サンダース

(世田谷) (江戸川)

池雪ジュニアストロング8−1新川リトルズ

(大田) (三鷹) 

小作台少年野球クラブ11−2武蔵ライオンズ

(羽村) (武蔵村山)

若葉台フレンズ9−1杉並ホワイトベアーズ

(稲城) (杉並) 

ジュニアヤンガース8−1東村山シーガルスA

(足立) (東村山)

潮見パワーズ7−2高島エイト

(江東) (板橋) 

金町ジャイアンツ6−0渋谷ユニバース

(葛飾) (渋谷) 

瑞穂ウルフファイターズ5−4ホワイトユニオンズ

(瑞穂) (豊島) 

コンバッツ4−2立川メッツ

(中野) (立川) 

ナインスターズ11−1レッドピジョン

(世田谷) (墨田) 

中央バンディーズ3−2サンジュニア

(中央) (台東) 

葛西ファイターズ6−3北野バイオレンズ

(江戸川) (八王子)

青雲クラブ8−0淀四ライオンズ

(荒川) (新宿) 

国立ヤングスワローズ4−2越中島ブレーブス

(国立) (江東) 

少年タイガース6−5レッドライオンズ

(武蔵野) (清瀬) 

不動パイレーツ5−0木根川レッズ

(目黒) (葛飾) 

久我山イーグルス7−2境川グリーンバード

(杉並) (町田) 

ゼットタイガー7−6二小ブラックイーグルス

(大田) (府中) 

茗荷谷クラブ11−0梶山レッドスターズ

(文京) (板橋) 

オール麻布11−1小金井ビクトリー

(港) (小金井)

調布ファイターズB21−0青梅スピリッツ

(調布) (青梅) 

早一ファイトボーイズ17−0福生ヤングジャイアンツ

(練馬) (福生) 

 

この記事を印刷する

PR情報



ピックアップ
Recommended by




si/footer.ssi"-->