東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。
みんなのスポーツ
  • 東京中日スポーツ
  • 東京新聞

トップ > みんなのスポーツ > 学童野球 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【学童野球】

清水タイガース、2年ぶり頂点

第13回東京新聞旗争奪野田市少年野球大会

優勝した清水タイガース

写真

 第13回東京新聞旗争奪野田市少年野球大会(同少年野球連盟主催、東京中日スポーツ・東京新聞など後援)の準決勝と決勝が7月29日、同市の関宿少年野球場で行われ、清水タイガースが西新田子ども会を破り2年ぶりの優勝を飾った。両チームは10月に行われる少年野球千葉県選手権大会へ市代表として出場する。

 決勝は初回に先制した清水が、2回表に小林修蔵君の二塁打を足掛かりに4点を奪うと、その後も得点を積み重ね、一方的な展開となった。投げても先発した末益遼君が力投し、西新田を無得点に抑え大勝した。

 清水の松尾柊治主将は「みんな打撃も走塁もよかった。今後の大会も、いつも通りの野球で挑戦したい」と話し、西新田の新井惟玖主将は「負けたが全力を出し切って頑張った。次の大会は優勝したい」と話した。 (中谷謙二)

準優勝の西新田子ども会(いずれも中谷謙二撮影)

写真

 ▽準決勝

清水タイガース12−3上町少年野球部

西新田子ども会5−4野田ジャガーズ

 ▽決勝

清水タイガース

140541|15

000000|0

西新田子ども会

(6回時間切れ)

 

この記事を印刷する

PR情報







si/footer.ssi"-->