東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。
みんなのスポーツ
  • 東京中日スポーツ
  • 東京新聞

トップ > みんなのスポーツ > リトルシニア > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【リトルシニア】

栃木下野、先制パンチで強豪撃破

2016年ミズノ杯争奪リトルシニア関東連盟秋季大会

8強入りで来春の全国選抜出場を確実にした栃木下野

写真

 2016年ミズノ杯争奪リトルシニア関東連盟秋季大会の3回戦が23日、調布シニアグラウンドなどで行われ、栃木下野、上尾、世田谷西、八王子、千葉西、海老名、東練馬、浦和がベスト8入りし、来春、大阪で開催される全国選抜大会の出場を確実にした。30日には上尾市民球場で準々決勝、11月3日には駒沢球場で準決勝が行われる。 (瀬川ふみ子)

8強出そろう

 ▽3回戦から

栃木下野7−4佐  倉

 先手を奪ったのは栃木下野。4回に角田の左翼本塁打、坂本の安打と田中の適時三塁打で2点。6回にも角田の三塁打から坂本の適時打、田中の二打席連続適時三塁打で2点を加えた。

 しかし、佐倉も6回裏、高田の三塁打を口火に諸隈の犠飛、涌井、京極、古滝、度会の安打で一挙4得点。試合は延長にもつれた。9回表、栃木下野は小平、落合、石郷岡、大里となんと4本の三塁打で3得点。田中の後を受け6回から登板していた落合がその裏をゼロに抑え、接戦をものにした。

 昨年、佐倉にサヨナラ負けだった栃木下野は、その悔しさを知る3年生らが打撃投手を務め後輩をサポート。阿久津悠監督は「3年生のおかげもあり佐倉にリベンジを果たせました。野球は何が起こるかわからない、ということを新チームもわかったのでは。11残塁という我慢の試合でしたが、最後まで向かっていけたことが勝因ですね」と目を細めた。

世田谷西投打ガッチリ!!

 世田谷西4−1水  戸 

世田谷西も8強を決めた

写真

 世田谷西は1回裏に神田の三塁打から先制。2回は神宮寺、網代の連打と小野の適時三塁打で1点、3回には神田の安打と八代の適時二塁打で1点、4回には安打の網代が二盗、三盗を決め、内野ゴロでかえり4点目。投げては木下が水戸打線を3安打1点に抑え快勝した。

 1番ショートの堂元は「チームの雰囲気もいいし、次も挑戦者の気持ちで思い切り戦いたい」、2回に勝ち越し打の捕手・小野は「チャンスが潰れかけたところで打ててよかった。次もチーム一丸となって戦いたいです」と話した。

 ▽3回戦

栃木下野7−4佐倉

上尾3−1町田

世田谷西4−1水戸

八王子5−4浜松

千葉西7−4武蔵府中

海老名6−2調布

東練馬9−1秦野

浦和2−1静岡裾野

 

この記事を印刷する

PR情報