東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。
みんなのスポーツ
  • 東京中日スポーツ
  • 東京新聞

トップ > みんなのスポーツ > サッカー > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【サッカー】

府中新町FC、大会4連覇を達成!!

ハトマークフェアプレーカップ第36回東京都4年生サッカー大会

Aグループで優勝した府中新町FC(いずれも石井智昭撮影)

写真

 ハトマークフェアプレーカップ第36回東京都4年生サッカー大会(都サッカー協会主催、東京中日スポーツ・東京新聞共催、都少年サッカー連盟主管)が6月24、25の両日、府中市の同市少年サッカー場で行われた。A〜Dの4グループに分かれ、初日の予選リーグに続き、2日目は順位ごとのトーナメント方法で対戦。府中新町FC(府中)、バディSC(世田谷)、MIP FC(同)、FC TRIANELLO Machida(町田)が各グループの頂点に立った。 (石井智昭)

 前半からゴールを量産した府中新町FCが大会4連覇を成し遂げた。

フェアプレー賞を受賞したJACPA東京FC

写真

 「決勝という大舞台で力を発揮してくれたことは素晴らしかった」と葛谷智貞監督が話す様に、昨冬に行われた全日本少年サッカー全国大会で3位入賞と健闘した先輩たちに負けない決定力をみせつけた。

 前半開始のホイッスルが響いた直後だった。田中希和キャプテンがセンターサークル付近から放ったシュートがゴールに吸い込まれ先制、電光石火のゴールで流れを引き寄せると、守屋連斗君、長谷川滉亮君、豊田芽丘君が次々と決めて4点を奪った。

 後半に入ってもボールを支配した府中新町は、後半8分、守屋君からの左クロスをゴール前に走り込んだ長谷川君が押し込んで5点目。同10、17分にも、田中キャプテン、豊田君がそれぞれ決めて大勝した。

グッドマナー賞を受賞したFC85オールスターズ

写真

 ケガの影響で本調子ではないなか、2ゴールの活躍をみせた田中キャプテンは「みんながどんどんゴールを狙っていい戦いができました」と笑顔のぞかせた。

 2日間で8ゴールと大暴れの長谷川君は「決勝では守屋君からいいパスがきて決められたし、4年連続で優勝できてすごくうれしい」と先輩に続く優勝を喜んだ。

 ▽準決勝

FC OPUSONE3−1南大沢FC

府中新町FC1−0FC85オールスターズ

 ▽3位決定戦

FC85オールスターズ6−0南大沢FC

 ▽決勝

府中新町FC7−0FC OPUSONE

バディSC

連覇 大会最多13度目

Bグループの頂点に立ったバディSC

写真

 バディSCが3連覇を目指すFC BONOS MEGUROとの大一番を制し2年連続、大会最多となる13度目の優勝を果たした。

 前半はボールを支配しながらも、得点に結び付けることができなかったバディだったが、チームの持ち味でもある高い身体能力と、スタミナが後半のゴールに結び付いた。

 終盤を迎えた後半17分、DFの高野瀬大地君がシュートコースの空いた一瞬を見逃さなかった。「決まった時はすごくうれしかった。優勝に近づいたかなぁと思いました」と高野瀬君。ミドルレンジから放ったシュートがBONOSゴールに突き刺さると、ベンチのチームメート、そして、応援に駆けつけた保護者たちから大歓声。ピッチが歓喜に沸き主導権を握ると、同19分には、小野口天キャプテンが決めBグループを制した。

 優勝を決定づけるダメ押しゴールを決めた小野口キャプテンは「ボールもうまく回せることができたし、ゴールも決められてうれしかった」と仲間とともにつかみ取った栄冠に声をはずませた。

フェアプレー賞をゲットしたわかみやサッカー少年団

写真

 ▽準決勝

バディSC6−1BLUE EAGLES

FC BONOS2−1バディSC江東B

 ▽3位決定戦

BLUE EAGLES2−2バディSC江東B

 ▽決勝

バディSC2−0FC BONOS

 【大会優秀選手】

 ◇Aグループ

 本間晴人、松澤成音(府中新町FC)上野寿雲、仲山獅恩(FC85オールスターズ)吉川涼生(PELADA FC)中井晴郎(成増SC)三鴨奏太、高林馳也(FC OPUSONE)穂積真門、関口航生(南大沢FC)

グッドマナー賞を獲得した三鷹七小キッカーズ

写真

 ◇Bグループ

 小野口天、小林駿斗、上野邑魁(バディSC)高橋歩(BLUE EAGLES)樋口楽、經堂遥飛(FC BONOS MEGURO)佐藤翼、金子翔世(バディSC江東B)古屋歩夢(FC COLORS)武田翔流(本町田FC)

元気いっぱい宣誓

 ○…大会初日の午前9時から行われた開会式では、予選を勝ち抜いた都内15の各ブロックと、女子チームで構成される第16ブロックの48チームが参加。わかみやサッカー少年団(中野)の春田響キャプテンが全チームを代表して選手宣誓を行った。「このすばらしい舞台で戦うことにチーム一丸となって、一生懸命練習を重ねてきました。今まで僕たちを支えてくれたお父さん、お母さん、指導していただいたコーチの方々、そしていつも応援してくれるすべての人に感謝をし、選手ひとりひとりが最高の思い出となるよう最後まであきらめずスポーツマンシップにのっとり、全力でプレーすることを誓います」と元気いっぱいに大役を果たし熱戦がスタートした。

選手宣誓をしたわかみやサッカー少年団の春田キャプテン

写真
 

この記事を印刷する

PR情報



ピックアップ
Recommended by