東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。
みんなのスポーツ
  • 東京中日スポーツ
  • 東京新聞

トップ > みんなのスポーツ > サッカー > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【サッカー】

さいわいFC、5&2年兄弟V

第71回首都圏幼稚園ジュニアサッカー夏季大会

第68回大会以来となる5年生の部を制したさいわいFC

写真

 第71回首都圏幼稚園ジュニアサッカー夏季大会(同サッカー協会主催、東京中日スポーツ・東京新聞後援)は7月22、29、30日、西東京市民向台運動場などで幼児から小学5年生の各部が行われた。全クラスとも予選リーグを戦った後、上位チームが決勝トーナメントで対戦し熱戦が繰り広げられた。6年生の部は、19日に埼玉県狭山市のジャクパ狭山総合グラウンドで行われる。 (ペン&カメラ=石井智昭、中谷謙二)

 前半に主導権

 ▽5年生の部

 前半からゴールを量産したさいわいFCが4発完勝。どんよりと厚い雲に覆われたピッチにネオンオレンジのユニホームを身にまとった選手たちが輝いた。

宮田トリオ&川崎君4発完勝

 開始直後から徐々にペースを握ると、相手ディフェンスのクリアボールが川崎春玖君の体に当たりゴールに吸い込まれた。

 「ごっつぁんゴールだったかもしれないけれど、決まってうれしかった。素早い寄せがゴールにつながりました」と川崎君がはにかんだ。

 これで攻撃陣のスイッチが入ると、直後の4分、双子の兄・宮田蓮君がゴール右からミドルシュートを突き刺すと、蓮君とは血縁関係がない、宮田多聞君がゴール正面からキーパーの頭上をフワリと浮かす技ありのループシュートを決め突き放した。

 後半3分には、蓮君の弟・悠君がゴール左から決めて4得点。川崎君に加え“宮田トリオ”の活躍で第68回大会以来のクラス制覇を果たした。

2年生の部を制したさいわいFC

写真

 山下央都キャプテンは「ゴールを決めた後も、集中力を切らさず最後まで戦うことができました」と笑顔で夕暮れのピッチを後にした。

序盤から主導権握り4発快勝

 ▽2年生の部

 前半から主導権を握ったさいわいFCが4ゴールを奪い快勝。粘りをみせるジャクパ東京Bの猛攻を1点に抑え頂点に立った。なかでも、宮本宇宙君が2ゴールの大暴れだった。

 「最後の試合でゴールを決められて、すごくうれしかった」と宮本君。この日、3ゴールの活躍に納得の表情を浮かべた。

 横溝徹コーチは「厳しい暑さのなか、がんばって戦ってくれました」と選手たちをねぎらった。

4年生の部で頂点に立ったJACPA東京

写真

JACPA東京、こちらも4&1年で兄弟優勝

 ▽4年生の部

 ワンチャンスをとらえたジャクパ東京が第23回大会以来となる優勝を果たした。

 前半開始からさいわいFCとの激しいせめぎ合いが続くなか、前半9分、丹野陽君が相手ディフェンス陣のスキを見逃さなかった。

 「うまくスペースに飛び出すことができました。入らないかなと思ったけれど、がんばって押し込みました」と丹野君。中央の中村陶冶キャプテンからの縦パスに反応すると、飛び出す相手キーパーより一歩早くボールに反応しゴールに流し込んだ。

 後半には、サイド攻撃からさいわいに攻め込まれる場面もみせたが、木村友星君、藤田隼君らディフェンス陣が体を張った守備で失点を許さなかった。

 吉田紘二監督は「日々の練習が優勝につながりました。粘り強く戦うことができるようになりましたね」。5月末に行われたジャクパ内の交流大会では連戦連敗。その後は、悔しい思いを胸に日々のトレーニングから集中して臨むようになった。

1年生の部で優勝したJACPA東京

写真

 勝利に導くアシストで存在感をみせた中村キャプテンは「ピンチの時もみんなで粘り強くゴールを守ることができました」。まぶしく光るカップを手に笑顔が絶えなかった。

予選リーグのリベンジ果たした

 ▽1年生の部

 ジャクパ東京が慈光SCにリベンジを果たし1年生の部を制した。

 午前の予選リーグでは、同グループで対戦し0−3の完敗。なんとか2位で予選を突破すると、決勝で再び対戦、予選の雪辱に燃えていた。

 進藤柊汰君からのパスを決めチームを頂点に導いた鳥海瑛史朗君は「うまく決められてすごくうれしかったよ」と殊勲のゴールに声を弾ませた。寺門恭平監督は「予選リーグの敗戦後も、1戦1戦しっかり戦ってくれましたね。あきらめない気持ちを持ち続けてくれました。自慢の子どもたちです」と選手たちの活躍を手放しで喜んだ。

幼児の部で優勝したふたばFC

写真

幼児ふたば3年体教幼

 ○…幼児の部で優勝したふたばFC(埼玉)の伊藤凪央主将は「うれしい。全試合で得点することができた。皆ドリブルが上手です」と語った。

 3年生の部は体教幼SC(瑞穂)がPK戦の末連覇を達成。塙寅太郎主将は「皆と優勝できた事がうれしい。このチームのいいところは声や気持ちで負けないところです」と語った。

小学3年の部で優勝した体教幼SC

写真

 ▼小学5年生の部(1)さいわいFC(立川)(2)三芳イレブンA(埼玉)(3)FCフリッパーズ(東久留米)

 ▼小学4年生の部(1)ジャクパ東京(小平)(2)さいわいFC(立川)(3)FC明成(西東京)

 ▼小学3年生の部(1)体教幼SC(瑞穂)(2)さいわいFC(立川)(3)ジャクパ東京(小平)

 ▼小学2年生の部(1)さいわいFC(立川)(2)ジャクパ東京B(小平)(3)明成SC(西東京)

 ▼小学1年生の部(1)ジャクパ東京(小平)(2)慈光SC(埼玉)(3)ふたばFC・A(同)

 ▼幼児の部(1)ふたばFC(埼玉)(2)明成SCA(西東京)(3)ジャクパ東京(小平)

 

この記事を印刷する

PR情報