東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。
みんなのスポーツ
  • 東京中日スポーツ
  • 東京新聞

トップ > みんなのスポーツ > サッカー > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【サッカー】

GIUSTIジュニアが初V!!

JA東京カップ第29回東京都5年生サッカー大会第5ブロック予選

延長戦にもつれる接戦を制し初優勝したGIUSTIJr.(いずれも石井智昭撮影)

写真

 JA東京カップ第29回東京都5年生サッカー大会(都サッカー協会主催、東京中日スポーツ・東京新聞共催、都少年サッカー連盟主管)第5ブロック(世田谷)予選は3日、世田谷区の二子玉川緑地グラウンドで準決勝、3位決定戦、決勝が行われ、FC GIUSTIJr.が決勝でFCトッカーノを延長戦の末に下し初優勝した。3位決定戦は烏山北FCがMIP・FCに勝利。烏山北までの上位3チームは10月7日から稲城市の同市中央公園総合グラウンドなどで行われる都中央大会に出場する。 (石井智昭)

昨年の雪辱果たす決勝弾

 都大会常連の強豪チームを次々と下したFC GIUSTIJr.がブロックの頂点に駆け上がった。

 最終日となったこの日も深緑色のユニホームを身にまとった選手たちはピッチで輝いていた。

決勝ゴールを決めチームメートと喜ぶFCGIUSTIジュニアの門脇征直キャプテン(左)

写真

 前半からFCトッカーノにボールを支配され、苦しい時間帯が続いたが、松平勝樹君、佐々木俊哉君、茂手木稜君、山口和瑠君ら守備陣がしのぐと、後半には、三ツ井渉君、門脇征直キャプテンら攻撃陣が好機を作り徐々に流れを引き寄せた。「バディSCとの準々決勝に競り勝ち、選手たちは自信を持ってくれました。あの勝利で勢いがついた」と川村将一監督が話すように、トッカーノの猛攻をしのぐと、前後半5分で争われた延長戦に入っても選手たちのモチベーションが落ちることはなかった。

 延長後半2分、ゴール正面から三ツ井君が放ったシュートが相手ディフェンダーに当たりルーズボールになると、ゴール前に詰めていた門脇キャプテンが迷わず左足を振り抜いた。

 「みんな疲れていたし、PK戦になりそうだったけれど、うまく決める事ができました」と門脇キャプテン。低い弾道のシュートが左隅に突き刺さると、両腕をグルグルと大きく回し喜びを爆発させた。

 昨年出場した4年生大会のブロック予選では惜しくもベスト4。上位3チームが都大会に出場できるなか、一歩及ばなかった。

 「悔しい思いを忘れることなく、練習に励んでくれた結果ですね」と川村監督。日々の努力が実を結び雪辱を果たした。

 ディフェンスでチームに貢献した佐々木君は「1対1の場面になってもボールを奪って攻撃に参加できるように頑張りたい」。自信をみなぎらせる初陣が大舞台で暴れ回る。

 ▽決勝

FC G1 0−0 0FCトッ

IUST  0−0  カーノ 

IJr.    延 長      

      0−0      

       1−0      

【得点者】門脇征直(G)

準優勝のFCトッカーノ

写真

トッカーノ準V

 都大会でリベンジ狙う

 延長後半の一発に力尽きたトッカーノだったが、保護者たちからの応援を背に最後まで戦い抜いた。

 前半には、野渡大晴君、北川学君らがドリブルで持ち込み好機を作ると、矢吹奏楽君が中盤で好守をみせた。

 献身的なプレーでチームをけん引した西川怜大キャプテンは「優勝はできなかったけれど、選手全員が気持ちでがんばれたし、勇気を持ってプレスも積極的に行くことができました」と胸を張った。

 渡辺淳一コーチは「個人の技術をもっと上げて、仲間意識もどこまでまとまって行くかが大事」。10月の都大会に向け決定力と、チーム力の向上を目指しリベンジを狙う。

3位決定戦を制し最後の代表権を手にした烏山北FC

写真

 烏山北 水島君が殊勲弾

3位決定戦

 最後の代表枠を懸けた3位決定戦は烏山北FCがMIP・FCを退けた。

 矢継ぎ早に攻め込むMIPに防戦が続いたが、延長後半2分、水島健斗君がペナルティーエリア内で倒されPKを得ると、ゴール左に決め勝利をつかんだ。

 「ここで逃したら都大会に行けないと思ったので集中しました。みんなの思いを乗せて蹴る事ができました」と水島君。出場を決める殊勲のゴールに声を弾ませた。

 守備の要として存在感をみせた福田弦太キャプテンは「みんなで盛り上げて戦うことができました」と死闘を制しホッとした表情をのぞかせた。

 ベンチから選手らを鼓舞した磯野寮二コーチは「チームみんながベストを尽くしてくれれば都大会でもいい結果がついて来てくれると思う」。サッカーの練習に加え、フットサルにも力を入れているという烏山北、高い個人技とチームワークを武器に都大会でも上位を目指す。

 ◇決勝トーナメント

 ▽準決勝

FC GIUSTIJr.1−0烏山北FC

FCトッカーノ1−0MIP・FC

 ▽3位決定戦

烏山北FC1−0MIP・FC

 

この記事を印刷する

PR情報



ピックアップ
Recommended by