東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 動画ニュース > 芸能 > 記事

ここから本文

【動画ニュース】

大泉洋 家訓は「食べられるかどうか、食べて判断」

2018年6月14日

大泉洋 家訓は「食べられるかどうか、食べて判断」

写真

 俳優の真木よう子、大泉洋らが13日、東京都内の神社で、映画「焼肉ドラゴン」(22日公開)のヒット祈願を行った。家族を描いた映画とあって、登壇者はそれぞれの家訓を紹介。真木は「基本的なあいさつをちゃんと元気よくすること」を娘に伝えているという。大泉は「おやじがよく言っていたのは『食べられるか食べられないかは食べて判断する。賞味期限とかに踊らされるな』と。私は実践していた」と会場をあぜんとさせた。

 

PR情報