東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。
世界遺産・ポンペイ展開催中

トップ > 社会 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

囲碁プロが初黒星 コンピューターソフト、戦術変え進化

写真

 【ワシントン=共同】米グーグル傘下の人工知能(AI)開発ベンチャー「ディープマインド」(英国)は、開発した囲碁のコンピューターソフト「アルファ碁」がプロ棋士を相手に勝利を収めたと、英科学誌ネイチャーに二十七日発表した。プロが公式戦で使うフルサイズの十九路盤でハンディなしで勝ったのは世界初としている。

 囲碁はその複雑さから、チェスや将棋よりも格段にソフト開発が難しいとされるが、AIの新技術で判断力を大幅に高めた。

 対戦相手は二〇一三〜一五年の欧州チャンピオンで中国出身のファン・フイ氏。アルファ碁は一五年十月に五戦し全勝した。今年三月に賞金百万ドルをかけて世界トップクラスの一人、韓国の李世〓(イセドル)九段に挑戦する。李九段は「(AIは)驚くほど強く、進化し続けていると聞いたが、勝つ自信はある」とコメントした。

 囲碁ソフトは、計算によって先の展開をシミュレーションし、勝つ確率が高い一手を選ぶ手法が二〇〇〇年代に開発され、アマチュア有段者レベルほどの強さになった。しかし対局の展開パターンは、盤面の広さの違いなどからチェスが十の百二十三乗通りほどなのに対し、囲碁は十の三百六十乗通り以上もあるとみられ、プロ棋士に勝つほどではなかった。

 チームはやみくもに計算するのをやめ、膨大なデータを学習して判断能力を高めるAIの「ディープラーニング」と呼ばれる新技術などを組み合わせた。アルファ碁に、プロが打った盤上の石の配置を画像として入力し「勝ちにつながる形」を覚えさせたり、自分自身と戦わせ、勝つための方法を学ばせたりした。

 ほかの数種類の囲碁ソフトとも対戦したが、四百九十五戦して負けは一回だけと圧倒した。

※〓は石の下に乙

 

この記事を印刷する

PR情報