東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。
世界遺産・ポンペイ展開催中

トップ > 社会 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

五輪準備のビッグサイト代替施設 近隣に仮設展示場

写真

 二〇二〇年五輪・パラリンピックで報道拠点となる東京ビッグサイト(東京都江東区)が大会準備のため長期間使えなくなる問題で、都は二十三日、代替施設として、ビッグサイト近くの江東区内の都有地に仮設展示場を設ける方針を明らかにした。

 都によると、建設地はビッグサイトから西一・五キロのりんかい線東京テレポート駅近くで、現在は駐車場として使われている。利用期間は一九年四月から二〇年三月までの一年間。展示スペースは、ビッグサイトの30%に当たる二万四千平方メートル。内部の設計は、大型ホールとするか、適度な大きさのホールを複数造るか、利用者のニーズを踏まえて計画を練る。また、建設予定だったビッグサイトの「西拡張棟」(展示スペース二万平方メートル)の完成時期を、一九年十二月末から同年六月に前倒しする。

 仮設展示場の設置と西拡張棟の完成前倒しにより、一九年度中は、現在のビッグサイトの展示スペースのほぼ九割を確保できるという。大会終了後の二〇年秋以降は展示会を集中的に開催するなどして、影響を最小限に抑える方針。

 ビッグサイトは大会準備のため、一九年四月から東ホール、二〇年四月からは西ホールや西拡張棟が使えなくなる。展示会を主催する業界団体や中小企業から「展示会が長期間開けなくなり、商談の機会を失う」などの声が出ていた。

 

この記事を印刷する

PR情報