東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

さいたま水族館で火災 天然記念物など26種1600匹死ぬ

 十二日午前三時半ごろ、埼玉県羽生市三田ケ谷の県営さいたま水族館から出火、鉄筋コンクリート二階建ての一階の一部約二百四十平方メートルを焼いた。けが人はいなかったが、飼育していた百三十六種九千三百匹のうち国の天然記念物ミヤコタナゴなど二十六種一千六百匹が死んだ。

 羽生署などによると、十一日の営業終了後の午後十時ごろに職員が施錠して帰宅した後は無人で、感知器が作動し、警備会社から消防に通報があった。一階入り口に近いホシガメの展示水槽を中心に焼けていた。水槽には保温用ヒーターが設置されていたという。

 同館はミヤコタナゴやムジナモなど、荒川に生息する約七十種類の生きものを展示している。火事の影響で同館は十二日、臨時休館となった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報