東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

多摩に3万人スタジアム 市立の競技場の建て替え構想

写真

 東京都多摩市で、3万人収容のサッカー・ラグビーの競技場「多摩ニュータウンスタジアム」を建設する構想が動きだした。出発点は、空き家の増加や住民の高齢化が著しい多摩ニュータウン(NT)に、にぎわいの拠点をつくりたい−という地元有志の思いだ。

 構想によると、新スタジアムは同市諏訪の市立多摩東公園内にある市立陸上競技場を建て替えて整備する。天然芝グラウンドをスタンドが取り囲むサッカー専用の構造で、長辺を長くとってラグビーの規格にも合わせる。東京五輪後の開業を目指す。

 現在の陸上競技場は1986年に完成し、市が2017年度から改修に向けた設計に取りかかる予定だった。これに対し、地元有志らは「多摩ニュータウンスタジアムをつくる会」を立ち上げ、近隣にはないサッカー、ラグビーのスタジアム実現を模索。市に財政負担を求めず、公共施設の建設や運営に民間の資金や経営ノウハウを活用するPFI方式を採用した構想をまとめた。

 建設費約90億円は、すべて金融機関の融資などで賄う。3万人の収容力はサッカーJ1の基準をクリアしており、同市などを拠点とするJ2東京ヴェルディのホームグラウンドになることも期待できる。

 つくる会が構想をPFI方式で実績のある大和リース(大阪市中央区)に持ち込み、同社も採算性があると判断。提案書にまとめて多摩市に提出した。市は今月14日に受理し、年度内にも整備方針を決める。 (栗原淳)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報