東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

横浜小1死亡 事故前、夜通し運転か 

 横浜市港南区の市道で軽トラックが横転し、登校中の小学一年生の男児が死亡した事故で、軽トラックを運転していた無職合田政市容疑者(87)=自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑で逮捕=が事故前日の二十七日夜から二十八日未明にかけ、夜通し軽トラックを運転していたとみられることが、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、合田容疑者は二十七日朝から同市磯子区の自宅を出て、夜間に神奈川県内や東京都内を走行していたとみられる。その後、帰宅しないまま事故を起こしたという。

 また現場には急にハンドルを切ったようなタイヤ痕があったことも判明。県警は、ハンドル操作をした形跡があることから、合田容疑者は意識を失っていなかったとみて、事故の原因を調べている。合田容疑者は「子どもたちと衝突したことは間違いありません」と容疑を認めている。

 事故は二十八日午前八時五分ごろ、港南区大久保一の市道で発生。合田容疑者の軽トラックが、前方で乗降中のバスの後ろに停車していた軽乗用車に追突した弾みで横転。下敷きになった市立桜岡小学校一年の田代優(まさる)君(6つ)が頭の骨を折り死亡した。他に、三年の男児(9つ)と五年の女児(11)が頭を打つなど重傷、一年の男児(6つ)と三年の女児(9つ)、軽乗用車の二人の計四人が軽傷で、合田容疑者を含め、計七人がけがをした。

 合田容疑者の免許の更新時期について県警は当初、二〇一三年一月と説明していたが、その後、同年十二月と修正した。同年十一月に検査を受けた際、認知症は認められなかった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by