東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「ゴッホとゴーギャン展」10万人突破 上野・東京都美術館

ゴッホとゴーギャン展で10万人目の入場者となった山本大樹さん(左)。右は東京都美術館の林久美子副館長=1日、東京都台東区で

写真

 東京・上野の東京都美術館で開催中の「ゴッホとゴーギャン展」(東京新聞など主催)の来場者が一日、十万人を突破した。同展は十月八日に開幕し、連日多くの人でにぎわっている。

 十万人目は石川県中能登町、看護師の山本大樹さん(25)。友人に会いに上京したのをきっかけに同館を訪れた。記念セレモニーでは同館の林久美子副館長から展覧会図録や同展オリジナルバッグが贈られた。

 山本さんは会場入りする前、「ゴッホの『ひまわり』がもともと好きで、ゴーギャンにも以前から興味があった。二人の関係についてこれからどのような作品が見られるか楽しみ」と期待していた。

 同展は十二月十八日まで。月曜休室。問い合わせはハローダイヤル=03(5777)8600=へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by