東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

広島中3、進路指導後に自殺 万引と誤認が要因

 広島県府中町立府中緑ケ丘中三年の男子生徒=当時(15)=が昨年十二月、誤った万引記録に基づいて進路指導を受けた後に自殺した問題で、有識者らでつくる第三者委員会が三日、事実誤認に基づいた中学校の進路指導が自殺の要因だったとする報告書をまとめ、町教育委員会に提出した。

 第三者委は報告書で、面談の際に男子生徒が万引を担任の教諭に否定できなかったことについては「男子生徒と担任との間に信頼関係が十分に構築されておらず、適切なコミュニケーションが成立していなかった」と指摘した。その上で学校や教委へ情報管理の徹底や信頼関係の確立などを盛り込んだ再発防止策を提言。委員長の古賀一博広島大大学院教授(教育行政学)は「教員一人一人が自分の問題として捉えてほしい」と話した。

 男子生徒の両親は代理人弁護士を通じて「われわれの思いを酌んでもらったと思う。報告書を受け町教委や個々の先生がどうしていくのか見守りたい」とのコメントを出した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by