東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

川崎・中1殺害事件 19歳少年に二審も有罪 傷害致死で懲役6〜10年

写真

 川崎市の多摩川河川敷で昨年二月、中一の上村遼太さん=当時(13)=が殺害された事件で、傷害致死罪に問われた少年(19)の控訴審判決で、東京高裁(青柳勤裁判長)は八日、懲役六年以上十年以下の不定期刑とした一審横浜地裁の裁判員裁判判決を支持、無罪を主張していた少年側の控訴を棄却した。

 事件では計三人が起訴された。殺人と傷害の罪に問われ、主導的立場だった元少年(20)に懲役九年以上十三年以下、傷害致死罪に問われた別の少年(18)に懲役四年以上六年六月以下の不定期刑が横浜地裁で言い渡され、既に確定している。

 弁護側は一、二審で「十九歳の少年も暴行した」とする元少年の供述は信用できないと主張。しかし、一審判決は「元少年の供述は十八歳の少年の供述ともおおむね整合しており、信用性が認められる」と判断。二審判決も「関係証拠に照らしても一審に不合理なところは認められない」と退けた。

 判決によると、昨年二月二十日未明、河川敷で上村さんの顔をコンクリートに二回打ち付けたほか、元少年にカッターを差し出し、自らも首を複数回切り付けるなどして、死亡させた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by