東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

玄海原発 新基準「適合」 使用済み核燃料の保管空き少なく

写真

 原子力規制委員会が、九州電力玄海原発3、4号機(佐賀県)は新基準に適合するとの審査書案をまとめた。玄海原発は津波や地震などのリスクは比較的低いとされるが、他原発に比べ使用済み核燃料プールの空きが少ない。一年稼働させるたび、炉内の核燃料の三分の一を交換するが、3号機は三年ほど、4号機も七年ほどでプールが満杯になる見通し。満杯になると核燃料の交換ができなくなり、稼働できなくなる。

 特に厳しい3号機の場合では、五百七十八体の使用済み核燃料が貯蔵され、残りスペースは二百体ほど。稼働一年で六十五体前後が交換されるため、三年で満杯になる。

 九電は福島の原発事故前の二〇一〇年二月、3号機プール内で、核燃料の間隔を狭め、収納量を倍近くに増やせるよう国に申請。

 だが、核燃料の間隔を狭めれば、冷却性能の低下につながる恐れがある。審査が進まないまま、福島事故が起きた。規制委の担当者は「元の申請のまま認めるのは厳しい」と話した。

 3号機は、使用済み核燃料から取り出したプルトニウムを再利用する混合酸化物(MOX)燃料を使う。使い終わったMOX燃料は、有害な放射性物質の量が格段に増え、最終処分の方法も決まっていない。

写真

◆「適合」全国で10基に

 規制委が新基準に「適合」と判断したのは、五原発十基になった。稼働中の原発は、四国電力伊方3号機(愛媛県)と九電川内(せんだい)2号機(鹿児島県)の二基。川内1号機は十月六日から定期検査に入った。

 他に関西電力高浜3、4号機(福井県)と、運転開始後四十年の高浜1、2号機と美浜3号機(同)が適合と判断された。

 高浜3、4号機は再稼働したものの、大津地裁が三月に運転を差し止める仮処分決定を出して停止中。高裁で決定が覆らない限り再稼働できない。高浜1、2号機と美浜3号機は老朽化対策や新基準をクリアするための大規模工事に数年かかるため、再稼働はその後となる。

 このほか規制委は十一原発十六基の審査を進めている。関電大飯3、4号機(同)は審査が大詰めを迎えている。北海道電力泊1〜3号機(北海道)は地震動の問題のほか、地震で防潮堤のある地盤が液状化する問題も浮上し、審査が遅れている。沸騰水型の原発では、東京電力柏崎刈羽6、7号機(新潟県)の審査が優先的に進められていたが、ここでも防潮堤の液状化問題が出てきた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by