東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

復興の願い、東京に集結 東北6祭の370人パレード

披露された青森ねぶた祭=20日、東京都港区で

写真

 東日本大震災からの復興を願い、東北六県を代表する祭りが一堂に集まった「東北六魂祭パレード」が二十日、東京都港区であった。約三百七十人の踊り手らが太鼓や笛の拍子に乗って大通りを約六百メートル練り歩き、沿道の観客を盛り上げた。

 青空が広がる穏やかな陽気の中、秋田竿灯(かんとう)まつりが一番手で登場。観客が見守る中、竹ざおにちょうちんをつるした竿灯が高々と上がった。青森ねぶた祭では「ラッセラー、ラッセラー」との威勢のよい掛け声とともに勇壮なねぶた一台が現れ、沿道から歓声が上がった。

 他に盛岡さんさ踊り、山形花笠まつり、福島わらじまつりが参加。仙台七夕まつりの七夕飾りは、大通りに面したビルに登場し、パレードには仙台すずめ踊りが加わった。

 六魂祭は、震災の犠牲者の鎮魂と復興を目的に、二〇一一年から東北六県の県庁所在地が毎年持ち回りで開催。一巡した今年で終了し、後継イベントが検討されている。

 この日、妻と見物した埼玉県川口市の会社員千々岩三夫(ちぢいわみつお)さん(62)は「震災を忘れないために、祭りを続けてほしい。元気が出たし、希望が感じられた」と語った。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by