東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

長時間労働 法的規制を 署名4万人分、厚労相らにNPO提出

 父親の子育て支援に取り組むNPO法人ファザーリング・ジャパンの理事らが二十二日、塩崎恭久厚生労働相と加藤勝信・働き方改革担当相と相次いで面会し、労働時間の上限規制の法制化と、仕事が終わってから次に働くまでに一定の休息時間を確保する「勤務間インターバル規制」の導入を求める約四万人分の署名をそれぞれ手渡した。

 署名活動の発起人を務める同NPOの西村創一朗理事によると、署名を受け取った塩崎氏は「長時間労働対策は急務。政府として意欲的に取り組みたい」と語り、加藤氏も「働くために生きるという現状を変えなければいけない。上限規制の法制化などを検討したい」と述べたという。

 電通の新入社員が過労自殺した問題を受け、十月中旬からインターネットで署名を集めた。「過労死を繰り返してはならない」「日本の風潮が長時間労働、過労死を招いている」とのコメントも寄せられたという。

 呼び掛け人を務めた、コンサルタント会社ワーク・ライフバランス(東京)の小室淑恵社長は「事実上、日本では長時間労働を規制する上限が存在していない。まずは短時間でもインターバル規制を導入することが必要だ」と話した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by