東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

押切さんらのメール盗み見 日経新聞29歳社員を逮捕

写真

 モデルの押切もえさんらの利用するメールサービスに無断でログインし、メールなどをのぞき見したとして、警視庁サイバー犯罪対策課は三十日、不正アクセス禁止法違反と私電磁的記録不正作出・同供用の疑いで、東京都多摩市聖ケ丘一、日本経済新聞社デジタル編成局の社員寺井淳容疑者(29)を逮捕した。「出来心でパスワードを突破することに喜びを感じ、ゲーム感覚でやった」と容疑を認めている。

 逮捕容疑では、二〇一四年十二月〜今年四月、押切さんのスマートフォンのポータルサイトやクラウドサービス「Gメール」、元アイドルグループ「NMB48」の渡辺美優紀さんの「iCloud(アイクラウド)」など、女性計四人のサービスに不正アクセスしたとされる。残る二人は著名人ではなかった。

 同課によると、寺井容疑者はメールや写真、連絡先などをのぞき見した疑いがある。押切さんらの誕生日や愛称からパスワードを類推して入力し、不正にログインした後、勝手にパスワードを変更した。

 変更通知を受け取った押切さんが不審に思い、一四年十二月に警視庁に相談した。

 寺井容疑者の携帯電話には女優やモデル、アナウンサーら著名な女性百数十人の電話番号やメールアドレスを登録し、削除した形跡があった。

 女優長沢まさみさんらのアイクラウドなどをのぞき見したとして、警視庁が五月に逮捕した別の男も、生年月日などからパスワードを類推していた。インターネットセキュリティーの専門家は「パスワードは破られやすいものにせず、使い回さないように」と話している。

 日経新聞広報室は「被害を受けた方々にご迷惑をおかけしたことをおわび申しあげます。事実関係を確認し次第、厳正に対処します」との談話を出した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by