東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

世田谷一家殺害から16年 祈る解決、誓う逮捕

宮沢家の墓参りをするみきおさんの母節子さん=30日、埼玉県新座市で

写真

 東京都世田谷区で二〇〇〇年十二月、会社員宮沢みきおさん=当時(44)=一家四人が殺害された事件から十六年の三十日、宮沢さんの母節子さん(85)が埼玉県新座市の霊園にある宮沢家の墓を訪れ、事件の解決を祈った。

 みきおさんの父、良行さんが一二年に八十四歳で亡くなり、節子さんはさいたま市内の自宅で一人暮らし。墓前で手を合わせ、「『まだ解決できないよ』とだけ話し掛けたが、(亡くなった)みんなも早く解決してほしいと願っていると思う」と語った。

 また警視庁は同日、事件現場の宮沢さん宅の前で献花式を行った。露木康浩刑事部長が花束を供え、捜査員約二十人が黙とう。高田浩捜査一課長は「犯人を決して許さない。必ず逮捕するという強い気持ちで捜査する」と誓った。事件解決につながる情報の提供者には最高二千万円の懸賞金が支払われる。情報提供は成城署捜査本部=電03(3482)3829=へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報